Mamiya RZ67proⅡ
6X7判の写真を撮りたくて、Mamiya RZ67proⅡを導入しました。
ヤフオクでPentax67の程度の良いモノを探していたんですが、何故か急にRZ67のウェストレベルファインダーで撮って
みたくなりコレを衝動買いしてしまいました。
Pentax67でも良かったのですが、RZ67の方がなんとなくプロっぽい雰囲気がしたのです^^

ウェストレベルのポジションで撮影する事により、今までにない新鮮な構図の写真が撮れそうな気がしたのと、それと
左右逆像での撮影がどれほど難しいのか一度挑戦してみたかったんです。
c0188434_21412023.jpg
ヤフオクにデビューして、初の落札がこのカメラでした。
この写真に写っているものの他、外付けの電動ワインダー、予備のフィルムバック一式、専用ストラップ等
を含め2.9萬円で落札しました。かつてのプロ用の機材も今ではこんな価格で流通しているんですね。




c0188434_2141263.jpg
ウェストレベルのファインダーはけっこう綺麗に視認することができます。
ルーペを出して精密なピント合わせをする事も出来るんですが、手持ち撮影では使いようがありません。




c0188434_21413160.jpg
レンズはSekor Z 110mm F2.8 W
ピント合わせはレンズ本体を前後させて行います。
絞り込みつまみがついていて、ファインダーで被写界深度を容易に確認することができます。




c0188434_21413741.jpg
レンズマウント、さすがに大きいです。




c0188434_21414234.jpg
レンズシャッター、最大速度1/400秒




c0188434_2141495.jpg
最初、ウェストレベルファインダーで構図をとる練習をしていたんですが、
手持ち撮影で左右逆像で撮るのは思った以上に難しく、全く思い通りにいきません。
ファインダーを見て左右にカメラを動かして構図をまとめようとすると、必ず逆に動かしてしまいます^^
で、結局このAEプリズムファインダーを手に入れました。もちろんまたヤフオクで落札しました(価格は1.3萬、高い!)
アイレベルで被写体を正像で視認して、測光もできるようになりました。しかも絞り優先撮影も可能なのです。
その分重くなりますが・・ ちなみに上の写真の状態(AEファインダー+モータードライブ)で約4kgとなります。




c0188434_21415441.jpg
ヤフオク落札品なので、カメラの取説なんかありません。
まぁ、わからない事があってもマミヤのwebページから説明書をダウンロードすればいいと
思っていたんですが、実際にはマミヤはwebでの説明書の開示は行っていませんでした。
フィルムバックの操作がどうしても分からず、仕方なく またしてもヤフオクでカメラの取説も落札するに至りました(1.4千円)。 f(^^;)

取説のおかげで やっとフィルムバックのレボルビングができるようになりました。レボルビングとは、
この写真のようにフィルムバックを90度回転させることにより、カメラの向きはそのままに
縦構図と横構図を切り替える機能なのです。このレボルビング操作をするとファインダー内の見える
範囲も連動して変化するのがいいです。


Canon EOS 5DmarkⅡ
Canon EF35mmF2
愛知県瀬戸市 自宅にて
by macorrin | 2012-06-09 21:50 | カメラ機材、持ち物 | Comments(4)
Commented by amselchen at 2012-06-09 23:45
通称バケペンPentax67でさえ鉄アレイがごとき重さなのに、このカメラときたら、もう考えるのもいやなほどです。実はこっちのさる中古カメラ店で一式約4カメラユーロほどで売りに出ていたのですが、そのでかさ、その重さでしり込みしたのでありました凹。
どうか腰痛だけには、くれぐれもおきをつけて~凹凸
Commented by macorrin at 2012-06-10 01:10
アムゼルさん
いえいえ、重たいのはよくないですが、悪いことばかりではありません。
運動不足の解消、筋力強化などの良い副作用もあるハズなのです。
このレンズだけでも新品だと10萬円以上するのですが、中古とはいえ、モノの価格は
わからないもんですね^^
Commented by hiroki147 at 2012-06-10 06:10
おはようございます!
僕の知人も最近ヤフオクでコレを手に入れまして、
先日ちょっと持たせてもらったのですが、
僕には無理!と思いました(笑)
ただ、メカ的には色々いじる事が出来て、ちょっと
面白いかもと思いましたねえ(^-^)
Commented by macorrin at 2012-06-10 17:59
hirokiさん
まさに合体ロボの如くユニットをくみ変えて色んな使い方ができるのです。
見事なのは様々なインター^ロックというか、フェールセーフ思想により、誤操作による
失敗が起きないような設計になっているところです。
ただし、この絶望的な重さについては・・・どういしようもありません。
<< Mmiya RZ67proⅡ試写 松本城 >>