プリウスをドナドナしました
7年間乗ったプリウスをドナドナしました。
c0188434_05425039.jpg

2010年に新車購入し約14万キロ走りました。アブソーバの劣化で乗り心地は多少荒くなりましたが、
エンジンやモータ、CVT等の駆動系は全く問題ありません。
走行13万キロ時点で補機バッテリーがダメになり交換、また最近フロントのポジションランプが
点灯しなくなりましたが、それを除けば故障らしい故障もなく最近の自動車の信頼性は本当に
素晴らしいです。
c0188434_05425006.jpg

ハイブリッド車なので普通に乗れば燃費は20Km/L程度になること、購入時にエコ補助金や
エコ減税の恩恵が受けられたことを考えれば普通のガソリン車と比べれば維持費は安いですが
燃費を良くするための車体設計は、使い勝手や快適性を犠牲にしている面があるため、購入費も
含めトータルで経済的であるかどうかは個人の感じ方次第と思います。
例えば、空力特性のためか車の全高が低いので室内頭上空間が狭く窮屈ですし、乗り降りの時に
無理な姿勢を強いられるので苦痛です。これも空力の関係と思いますがフロントバンパー下端が
かなり低くなっておりコンビニやスーパーの駐車場で前向き駐車するとバンパー下部を車止めに
擦ってしまいます。また軽量化のため乗降ドアやバックドアが薄く軽くできており、開け閉めすると
「ベキャッ」と品位の悪い音がしますし、こんなにペラペラで安全性は大丈夫かと気にもなります。
室内ではダッシュボード等にコストダウンと軽量化(たぶん)のため硬質プラスチックが多用され
車両価格や車格から見れば品位の悪さは明らかです。
c0188434_05425134.jpg

自動車に何を求めるかによって評価は変わってくると思いますが、単純に移動の手段・道具として
見れば信頼性・経済性は満点の大変良い車でした。
尚、現行型のプリウスをショールームで見た感じでは旧型のネガティブの面はかなり改良されているようです。

次回 あたらしい車を紹介しま~す。

SONY α6300
SONY Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS
愛知県瀬戸市 ヤマダ電機 駐車場にて

by macorrin | 2017-07-19 05:54 | 車、バイク | Comments(2)
Commented by ponkichioyaji at 2017-08-10 07:09
7年で14万キロとはすごい走りますね。
私はハイブリッドなんか高くて買えません(//∇//)
Commented by macorrin at 2017-08-10 22:28
ponkichioyajiさん
ハイブリッド車は確かに高価です。
年間1万キロ程度の走行ではそれほど経済的メリットはありませんし・・、でもモータ駆動による低速トルクや継ぎ目のない加速感という価値もありますよ。
<< 2017年7月25日 鳥羽水族館 2017年5月28日 花フェス... >>